検索サイト誹謗中傷登録対策

2018-04-25

1) 誹謗中傷対策が必要な理由
  〜ネット誹謗中傷被害の影響〜

▲ネット誹謗中傷被害は様々な影響を及ぼします。

1.採用活動の妨げ
2.販売活動の妨げ
3.融資の審査、広告掲載の審査、不動産契約の審査、上場等の妨げ
4.企業イメージを大きく傷つける
5.社内の雰囲気が悪くなり、離職率が上がる
6.内定者辞退の増加


誹謗中傷の拡散、炎上を防ぐため、早期対策が望ましい!

2) 誹謗中傷対策が必要な理由
   〜広告効果の減少〜

風評が原因により、お申込みが減少、内定者が辞退する場合があります。
広告宣伝費、採用活動の効果を大きく損ねますので、
検索結果に出ている情報には注意が必要です。

広告投下

ブランド・社名が検索される

成果につながらない

3) 誹謗中傷対策が必要な理由
   〜イメージ悪化〜
   〜ネットの高い拡張性〜

▼誹謗中傷被害は採用から販売まで、広域に渡り企業経営を妨げます。


日経ビジネス4.15号より抜粋

▼一つのつぶやきや口コミで、企業が容易に傾く時代です。

例えば、一人の悪意ある顧客から、一人の退職者から、ライバル会社から、
事実とは異なる記述が、瞬く間に拡散してゆきます。

日経ビジネス4.15号より抜粋

4) 誹謗中傷対策の種類 ①
   〜関連検索対策 〜

Yahoo!の検索補助機能に出現するネガティブワードを削除ことで、
ブランドイメージの保守、ネガティサトへ誘導を防ぎます。

5) サービス料金

◆成果報酬型プラン

◆月額固定型プラン

6) サービス料金

◆成果報酬型プラン

◆月額固定型プラン

7) 誹謗中傷対策の種類 ③
   〜逆SEO (誹謗中傷サイトの押下げ)〜

検索結果で上位にいるサイトは多くの人見られてます。
弊社で好意的なサイトの順位を上げることで、誹謗中傷サイトの順位を 押し下げ、目立たなくします。

8) 逆SEO 対策の目標

9) 施策内容例

状況、予算に応じて施策内容は変化します。
施策 の1例として次ようなこを行います。

・公式サイト内部最適化
・第三者サイトの外部施策
・既存 SNS サービスなどの活用
・新規公式サイト(リクルー、商品紹介お客様の声まとめ)
・口コミサイトなどの作成

作成サイト例

検索エンジン誹謗中傷対策を問い合わせする

ご希望の方は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved.  167-0043  東京都杉並区上荻2丁目6-21-203 tel. 03-6411-5416 mail: info@old.co.jp